歯の病気

歯周病 歯周病
■歯周病は細菌による感染症。
 歯肉炎は、歯垢の中の細菌が原因で起こり、それが進行して歯周病になると、歯を支える歯槽骨を破壊していく病気です。私たちの体は外と中とで厳格に区分されて、身体の中に有害な病原菌が入らないように防御されています。歯も同様で、歯の周りは歯肉でおおわれ、病原菌の侵入を防いでいます。歯の周りには浅い溝があり、健康な状態では約1ミリの深さがあります。歯肉は健康な状態では透明感のあるピンク色で引き締まっていて、溝の中に異物が入りにくくなっています。しかし歯垢がついて炎症が起こると、歯肉は赤く腫れたようになり、溝も深くなって歯垢が中に入りやすくなります。この状態を歯垢ポケットと呼びます。歯垢ポケットに歯垢がたまると、さらに炎症が進むとともに、歯垢にだ液中のカルシウムが沈着して歯石ができます。この状態までを歯周病の初期段階の「歯肉炎」といいます。

  プラーク
■歯磨きのときに出血したり、歯肉に腫れを見つけたら、痛みがなくても歯科医院で検診を受けましょう。歯石を取り、正しいホームケアの指導を受けることで、歯肉炎は簡単に治ることが多いようです。

back close