歯の病気

むし歯とは
 むし歯1 むし歯2   むし歯3
 むし歯4  むし歯5  むし歯6
 むし歯は、ミュータンス菌などのむし歯菌が出す酸によって歯のカルシウムが溶かされ、もろくなり、最終的には穴があいてしまう病気です。進行中はあまり痛みもなく、重症になるまで自覚症状が少ないため、気づきにくく、発見が遅れがちになります。でも、歯に穴があく前に発見できれば、健康な状態に修復できる可能性もあるのです。

    むし歯の原因
むし歯の原因は細菌と食べ物と歯質。
 むし歯は、「むし歯菌」と「食べ物」と「歯の質」という3つの要因が悪い条件で重なったときに発生します。悪い条件がそろわないようにコントロールすることで、むし歯はちゃんと予防できます。予防法は、人それぞれ。年齢や生活背景、だ液の質やむし歯菌の量など、一人ひとりのお口の状態に応じたむし歯対策を実践することが大切です。定期的に歯科検診を受け、むし歯をチェックし、歯の健康を気づかう意識を持っていただきたいと思います。


     脱灰と再石灰化

穴があく手前のケアがいちばん大切。
 むし歯菌が作った酸によって、歯の表面からカルシウムやリン酸が溶け出してしまう反応を「脱灰(だっかい)」といいます。それからしばらくすると、だ液のはたらきで酸が中和され、ミネラルが再び歯の表面に戻ってきます。この反応を「再石灰化(さいせっかいか)」と呼び、私たちの口の中ではものを食べるたびにこの2つの反応が繰り返されているのです。食事や間食の回数が増え、脱灰が繰り返されると、次第に再石灰化による回復が追いつかなくなり、むし歯になってしまうというわけ。脱灰により、表面からわずかに内側の密度が低くなった状態を「初期むし歯」と呼び、この穴があく一歩手前の状態でのケアがとても重要なのです。


痛みがでるのは、歯髄(神経)まで侵されたから。
痛くなってからでは治療も大変。

 むし歯は、痛くなったときにはかなり進行した状態で、削って詰める治療が必要になります。進行すればするほど、治療回数が増え、治療費もかさむため、早めに発見して手を打つことが大切。削らないですむ「初期むし歯」のうちに発見できるよう、歯科医師や歯科衛生士にチェックしてもらうことがいちばん確実です。


むし歯の進行
<むし歯の進行>

  • CO  歯のミネラルが溶けていますが、穴はあいていません。
  • C1  侵されているのはエナメル質のみ。
        場合によっては削らずに進行を止めることが可能。
  • C2  象牙質に進み、痛んだりしみたりします。
  • C3  歯髄まで進行。激しい痛みを感じます。
  • C4  歯冠部が崩壊し歯根だけが残っています。痛みはもう感じませんが、
        抜歯の可能性も。骨や血中に細菌が進入し炎症を起こすこともあります。

          むし歯の再発  
 治療が順調に進んでいくと、気になる症状はおさまってきます。すると勝手に治療を中断される方がときどきおられますが、それではせっかくの治療が台無しに。中断するとむし歯は再び進行し、悪化していきます。通い始めたら最後までしっかり治療を受けましょう。また、そのまま治療前と同じ生活に戻ると、再発の可能性がとても高くなります。歯垢の量や食生活、だ液の減少具合など、それぞれの「むし歯リスク」を意識して、ちょっとしたことも歯医者さんと相談し合いながら、自分にあった予防法を実践し、お口の中の環境を改善していきましょう。

むし歯で歯を削らないために。
 治療のために歯を削ると、再発のリスクも高くなります。詰め物と歯の境目部分の隙間に歯垢が溜まってしまうと、歯ミガキでは取り除きにくくなるからです。一生自分の歯で食べたいと思うなら、なるべく歯を削らないことが大切。初期むし歯のうちに処置できるよう、年に1〜2回はかかりつけの歯科医院を受診するよう、習慣づけましょう!

back close