headercudcu

home院内設備診療方針歯の病気インプラン治療

 

ごあいさつ

      57

歯ぴねすNEWSvol.57は、
特集/予防歯科のセルフケア
❼「噛み合わせ」について。
悪い「噛み合わせ」とは、咬合のバランスが悪く歯や口腔、顎関節に負担をかけている状態のことです。歯や歯茎はもちろん、身体に悪い影響をもたらします。
放置せず、生活習慣を見直しセルフケアを行いましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      

歯ぴねすNEWSvol.56は、
特集/予防歯科のセルフケア
❻食いしばり(歯ぎしり)を放置しない。
現代病の1つとも言われる食いしばり(歯ぎしり)は、むし歯や
歯周病、顎関節症の原因にもなります。
放置せず、生活習慣を見直しセルフケアを行いましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      55

歯ぴねすNEWSvol.55は、
特集/予防歯科のセルフケア
❺ むし歯リスクを減らす、フッ素ケア。
歯ミガキに自信があるという人の半数以上に、
「むし歯」や「初期むし歯」の症状が見られます。
自己流の磨き方を過信せず、正しいケアを身につけましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      

歯ぴねすNEWSvol.54は、
特集/予防歯科のセルフケア
❹よく噛む(噛ミング30)
噛む健康法として知られる
“フレッチャーイズム”は、よく噛んで食べる
ことの大切さを世界に広めました。
生涯、しっかり噛める歯を維持することこそ、
健康の基本です。
あなたもぜひ、実践してください。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

       news53

歯ぴねすNEWSvol.53は、
特集/予防歯科のセルフケア
❷歯ぐき。
口は、細菌やウイルスなどの病原菌が
侵入しやすい場所。
だ液はお口の中をきれいに洗い流すことで、
体を病原菌から守る役割を果たしています。
毎日の歯ミガキケアとともに、
だ液の分泌を促すことも
口腔ケアの大切なポイントです。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

       news52

歯ぴねすNEWSvol.52は、
特集/予防歯科のセルフケア
❷歯ぐき。
ゆるんで赤く腫れた歯ぐきは、
お口の中で増殖した歯周病菌が、歯周ポケットに
巣をつくり、毒素を出して周辺組織を破壊し、
炎症を起こしている状態です。
放置していると、歯を失うことにも。
丁寧なセルフケア、定期的なプロケアで、
歯ぐきの健康を守りましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      

歯ぴねすNEWSvol.51は、
特集/予防歯科のセルフケア
❶歯ミガキ。
お口の中にプラークを残さない。
それが、予防の第一歩です。

プラークは歯ブラシだけでは落とせません。
汚れの場所を意識することが大切。
正しいケア方法で歯の健康を守りましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      

歯ぴねすNEWSvol.50は、
特集/口内「細菌」の正体?
❻全身を脅かす歯周病菌。
歯周病菌は、全身に悪影響を及ぼすこともある怖い細菌です。

歯周病は細菌による感染症。お口の中で炎症を起こすだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞、肺炎などの多くの疾患の原因になることもあるのです。歯周病治療や口腔ケアは歯を守るとともに全身の健康を守ることにつながります。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      歯ぴねす49

歯ぴねすNEWSvol.49は、
特集/口内「細菌」の正体?
❺歯石って、なんだろう。

歯石とは歯ミガキで磨き残した歯垢が、だ液の中のミネラルと結合して、硬くなったもの。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      news46

歯ぴねすNEWSvol.48は、
特集/口内「細菌」の正体?
❹悪い細菌が棲みにくい環境

お口の健康を維持するためには、むし歯•歯周病•口臭などの原因になる悪い細菌を増やさないことが大切です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      news46

歯ぴねすNEWSvol.47は、
特集/口内「細菌」の正体?❸口臭原因菌

口臭の原因の9割以上は、口腔内で悪さをはたらく細菌の仕業です。まずは口臭原因菌の性質をよく知ることが大切です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      news46

歯ぴねすNEWSvol.46は、
特集/口内「細菌」の正体?❷歯周病菌

歯周病菌は酸素の届かない歯周ポケットに棲みついて少しずつ炎症を広げていきます。まずは菌の習性をよく知ることが大切です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

      news45

歯ぴねすNEWSvol.45は、
特集/口内「細菌」の正体?❶むし歯菌

お口の中から、むし歯菌だけを効果的に
排除することはできません。
むし歯菌の習性をよく知り、
上手にコントロールしていきましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

       news44 

歯ぴねすNEWSvol.44は、セルフチェック①。

「だ液のチカラで健康に!」
だ液は、口腔内を清潔に保つ大切な働きをしています。
だ液の減少は、口臭、歯周病やむし歯の原因の元です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

       歯ぴねす43


歯ぴねすNEWSvol.43は、ホームケア③。

「歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目」
歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目は磨き残しを作りやすく歯周病やむし歯の原因の元。定期的健診によるケアが重要です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

       news42

歯ぴねすNEWSvol.42は、歯周病③。

「歯周ポケットの正体!」
歯周ポケットは歯周病菌の住処。一度できると、なかなか元に戻らない厄介者です。歯周病は、定期的に歯周ポケットを検査し、進行を抑えることが大切です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

         歯ぴねすnews41

歯ぴねすNEWSvol.41は、むし歯③。

「子どものむし歯予防のチェックポイント!」
乳児期、幼児期、学齢期と成長により大きく変化する子どもの歯。とくに、生え変わる時期のむし歯予防は大切です。子どもが自分の歯を守れるようになるまで、見守り育てていくことが大人の重要な仕事です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

         歯ぴねすnews40

歯ぴねすNEWSvol.40は、毎日のケア②。

治療が終わったら、歯の健康と治療をよりよい状態でできる限り長持ちさせたいもの。そのためには、清潔を心がけ、口腔環境を根本的に改善し、トラブルを減らしていくことが重要です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

         はぴねすNEWS38


歯ぴねすNEWSvol.39は、歯周病②。

歯周病の原因はプラークだけではありません。
歯周病を予防・改善していくためには、口腔内環境を清潔に保ちながら、生活習慣を見直し、全身の健康状態をととのえることが重要です。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

         はぴねすNEWS38

歯ぴねすNEWSvol.38は、むし歯②。

おとなのための、むし歯対策法。
おとなのむし歯と子どものむし歯では、
予防法のポイントが違います。
正しい毎日のケアを身に付けましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

         歯ぴねすNEWS37号

歯ぴねすNEWSvol.37は、毎日のケア①。

しっかり歯磨きをしているつもりでも、
小さな磨き残しが毎日繰り返されると、
いつのまにか大きなトラブルに!
毎日のケア、再チェックをしてみましょう。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください

         歯ぴねすnews36

歯ぴねすNEWSvol.36は、歯周病特集①。

歯を支えるアゴの骨などの歯周組織を破壊する、
怖い歯周病。プラーク(歯垢)と免疫力との関係など、
歯周病になる原因や進行の様子、毎日のブラッシング方法など、役立つ情報がいっぱいです。

D.C.U.では、年3回、歯の健康情報を満載した
「歯ぴねすNEWS」を発行しています。
詳しくは、D.C.U.メンバーの歯科医院でお配りする
「歯ぴねすNEWS」をどうぞご覧ください。

hooter